現在のページの位置: 四季彩花手帳 > 2008年

四季彩花手帳

庭の花を中心に、季節ごとに色とりどりの花々を載せていきます。

白馬 栂池自然園

8月10日、栂池パノラマウェイで空中散歩を楽しみ、そして栂池自然園一周コースを歩きました。ヤナギラン、ニッコウキゲ、ワタスゲ、オニシモツケ等が咲き、私達訪れる者の目を楽しませてくれます。木や草の陰で、ともすれば気がつかずに通り過ぎてしまう花等を、見つけながら歩いてみました。

自然園駅からビジターセンターへ

ヤナギラン チダケサシ ヤマブキショウマ クモマニガナ、シロバナクモマニガナ
一面に咲くヤナギランは見頃

ミズバショウ湿原

オニシモツケ

オニシオガマ オタカラコウ オニシモツケ オニシモツケ オニシモツケ
白色や淡紅色のオニシモツケが一面に咲いています

ワタスゲ湿原

ワタスゲ

ワタスゲ ワタスゲ チングルマの実 チングルマ タテヤマリンドウ
ふんわりとした白い球状の花穂はポンポンのようです

楠川から浮島湿原へ

ミヤマカラマツ ミヤマカラマツ モミジカラマツ モミジカラマツ
葉の形や色が違うカラマツソウです

キヌガサソウ ベニバナイチゴ オオバタケシマラン ツマトリソウ ツマトリソウ マイズルソウ ズダヤクシュ ズダヤクシュ オオヒョウタンボク イワイチョウ
湿原の木道から離れトレッキングコースのような道を登ります

浮島湿原からモウセン池周辺、展望湿原、展望台を経てビジターセンターへ

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ ミヤマキンポウゲ ハクサンフウロ ミヤマナナカマド

ヒオウギアヤメ クルマユリ イブキトラノオ ミソガワソウ オオレイジンソウ ソバナ

イワオトギリ オヤマリンドウ ゴゼンタチバナ シモツケソウ
そろそろ秋の花が咲き始めます

アサガオ

アサガオ 花

アサガオ(朝顔)が元気に咲きました。毎日次々と咲いているので、最近は早起きしています。径7~9cm位、青色の花でとても涼しげです。

アサガオ 葉 アサガオ 花
ベランダのフェンスに絡ませています

グロリオサ

グロリオサ

グロリオサは熱帯アジア及びアフリカ原産の花で毎年5月の連休頃球根を植えています。葉の先が巻きひげになり他の植物に巻き付きながら伸びていきます。花は鮮やかな赤で、花びらが反り返っています。球根には毒があり食べると危険で死に至ります。

ギボウシ

ギボウシ ギボウシ

今年のギボウシ(擬宝珠)は花は沢山咲きましたが、長く伸びた茎が曲がり、写真を撮るのに撮りづらかったですね!

カラタチバナ

タチバナ

カラタチバナ(唐橘)はセンリョウ(千両)、マンリョウ(万両)と並び百両と呼ばれ、縁起物とされています。

ヒメヒオウギスイセン

ヒメヒオウギスイセン ヒメヒオウギスイセン

ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)は明治年間に渡来した園芸植物です。高さ50~80cm位、葉は2列に互生し、長さ30~40cm位の広線形です。茎の上部に分枝する穂状花序を出し、鮮やかな橙色の花が多数咲きます。

ホテイアオイ

ホテイアオイ ホテイアオイ

ホテイアオイ(布袋葵)は特徴のある植物で、葉柄が膨らんで浮き袋のようになり、水面に浮いています。花は青紫で、花びらは6枚、上に向いた花びらが幅広く、真ん中に黄色の斑紋があり、周りを紫の模様が囲んでいます。

ミズヒキ

ミズヒキ ミズヒキ

茎は直立して50~80cm位になり分枝しています。葉は互生し、長楕円形または倒卵形(とうらんけい)で長さ5~15cm位、両面に少し毛があり、白色のミズヒキ(水引)には、葉に黒色の斑紋があります。茎の先から穂状に花がつき咲いています。和名は花穂の形を水引に例えたもので、白花は銀水引と呼ばれています。

カテゴリー

Feed

メタ情報