現在のページの位置: 四季彩花手帳 > 2009年 > 8月

四季彩花手帳

庭の花を中心に、季節ごとに色とりどりの花々を載せていきます。

高山植物の宝庫、白馬大雪渓からお花畑へ

猿倉から白馬尻へ

猿倉からはしばらく砂利道が続きます。右手に見える美しい山並みに気を取られて見過ごしてしまいそうですが、左手の山側には草花が多く見られます。

ソバナ ヨツバヒヨドリ ノリウツギ
ソバナ、ヨツバヒヨドリ、ノリウツギ
エゾアジサイ
エゾアジサイ
ハクサンオミナエシ タマガワホトトギス ミソガワソウ
ハクサンオミナエシ、タマガワホトトギス、ミソガワソウ
オタカラコウ オタカラコウ
オタカラコウ
オオレイジンソウ キヌガサソウ ミヤマアキノキリンソウ
オオレイジンソウ、キヌガサソウ、ミヤマアキノキリンソウ
ヤグルマソウ
ヤグルマソウ
ミヤマカラマツ
ミヤマカラマツ

大雪渓上部からお花畑へ

雪渓を抜けると岩場に出ます。

ミヤマトリカブト
ミヤマトリカブト
クルマユリ ハクサンフウロ ヨツバシオガマ
クルマユリ、ハクサンフウロ、ヨツバシオガマ
ウサギギク イワオウギ ミヤマクワガタ
ウサギギク、イワオウギ、ミヤマクワガタ
シロウマアサツキ サラシナショウマ ハクサンチドリ
シロウマアサツキ、サラシナショウマ、ハクサンチドリ

お花畑

さらに登るとお花畑です。山の上とは思えないほどの植物の群生地で、晴れていれば杓子岳や白馬岳とともに色とりどりの景色が目の前に広がります。

お花畑 お花畑
お花畑
ヨツバシオガマ ミヤマキンポウゲ ミヤマタンポポ
ヨツバシオガマ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマタンポポ
イブキジャコウソウ オオカサモチ ミヤマオダマキ
イブキジャコウソウ、オオカサモチ、ミヤマオダマキ
コイワカガミ ハクサンイチゲ
コイワカガミ、ハクサンイチゲ
ウルップソウ
ウルップソウ
イワギキョウ イワギキョウ
イワギキョウ

白馬岳~白馬大池~栂池

白馬岳からしばらくは岩が多く植物も少ないのですが、目を凝らすと所々で花を咲かせています。コマクサやコバイケイソウなどが咲いていました。

コマクサ
コマクサ
コバイケイソウ
コバイケイソウ
ミヤマアズマギク タカネヤハズハハコ ミヤマダイモンジソウ
ミヤマアズマギク、タカネヤハズハハコ、ミヤマダイモンジソウ
ウサギギク シラネニンジン コウメバチソウ
ウサギギク、シラネニンジン、コウメバチソウ
トウヤクリンドウ ゴゼンタチバナ
トウヤクリンドウ、ゴゼンタチバナ

シコンノボタン

シコンノボタン
シコンノボタン

いくつか咲いていました。色々な場所でよく見かけます。ノボタンの中では、シコンノボタンが最も多く観賞用に栽培されているそうです。今年は花が2つ並んで咲いてくれました。我が家では玄関を開けると正面に見えるので、朝一番に「おはよう」という感じです。

タカサゴユリ

タカサゴユリ
タカサゴユリ

花が大きく立派なタカサゴユリ(高砂百合)です。台湾原産だそうです。

霧ヶ峰高原を歩く

7月21日はあいにくの天気で、途中からは雨もだいぶ強くなりましたが八島湿原を一周しました。車山肩を出発し、沢渡、鎌ヶ池、八島ヶ池、御射山を経由するコースです。

車山肩から沢渡へ

車山肩はニッコウキスゲの群生地です。斜面一面で、ニッコウキスゲの黄色い花が風に揺れています。車山肩周辺だけでも色々な草花が見られます。

ニッコウキスゲ ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ
ハナチダケサシ チダケサシ
ハナチダケサシとチダケサシ
シモツケソウ
シモツケソウ
フギレエゾフウロ
フギレエゾフウロは今回初めて出会った花です。
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
イブキトラノオ イブキトラノオ
イブキトラノオ
ヨツバヒヨドリ ヨツバヒヨドリ
ヨツバヒヨドリ
ノリウツギ ノリウツギ
ノリウツギ
オミナエシ ナンテンハギ
ヤマオダマキ ヤマオダマキ
ヤマオダマキ

鎌ヶ池、八島ヶ池周辺

八島ヶ池を中心とした湿原には、また多くの植物が生息しています。沢渡から鎌ヶ池にかけては、樹木も多くあまり湿原の雰囲気ではないのですが、八島ヶ池の周囲はまさしく湿原であり、木道も整備されて歩きやすくなっています。

コウリンカ
一輪だけ咲いていたコウリンカ
ヤナギラン キンバイソウ ノハナショウブ
ヤナギラン、キンバイソウ、ノハナショウブ
カラマツソウ ワレモコウ ミズチドリ
カラマツソウ、ワレモコウ、ミズチドリ
オオバギボウシ オオババギボウシ
オオババギボウシ
オカトラノオ キツネノボタン ヤブジラミ
オカトラノオ、キツネノボタン、ヤブジラミ
ウツボグサ ウツボグサ
ウツボグサ
カワラナデシコ アカバナシモツケ カワラマツバ ヤナギラン
ノアザミ ヒメジョオン
その他、ノアザミやヒメジョオンも咲いていました

北八ヶ岳 麦草峠、白駒池を歩く

北八ヶ岳自然休養林

7月20日に長野県・北八ヶ岳を訪ね、麦草峠から丸山、高見石、ニュウ、白駒池を経由して麦草峠へ戻るコースを歩きました。辺り一帯はシラビソやコメツガなどの針葉樹林で、林床は苔の絨毯でおおわれており、まるでビロードのような光沢をしています。また足下の登山道に目を転じると、オサバグサ、イワカガミ、ハクサンシャクナゲなどの高山植物が目を楽しませてくれます。白く透き通ったギンリョウソウ(銀竜草)は葉緑素を持たない腐生植物で、別名ユウレイタケとも呼ばれています。

ゴゼンタチバナ ゴゼンタチバナ
ゴゼンタチバナ
ズダヤクシュ オサバグサ
足下は高山植物の宝庫
シロバナノヘビイチゴ クロウスゴ
ヘビイチゴと、ブルーベリーにも似ているクロウスゴ
コケモモ コケモモ
コケモモの果実は、一般的には食用にできます
ハクサンシャクナゲ ハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ
イワカガミ マイヅルソウ コバイケイソウ
イワカガミ、マイヅルソウ、コバイケイソウ
ギンリョウソウ
幽霊のようにも見える、ギンリョウソウ

ムクゲ

ムクゲ
ムクゲ

夏が近づくと咲き始めるムクゲが、ムクムクと枝振りもよく大きく育っています。元気で沢山の大きな花を咲かせています。 枝切りせずそのままにしておくと10mぐらいの高さになるそうです。近所の家の庭にもとても大きなムクゲがありますが、上の方ばかりに花がついています。そういえば以前、下を通っても花がよく見えず、咲いているのに気づかずに通り過ぎてしまったこともありました。 本当によく育つそうで、種子の発芽も良いそうです。

ウツボグサ

ウツボグサ
ウツボグサ

ウツボグサが青紫の花を咲かせていました。まだ花は一つだけでしたが、いくつか咲きそうです。高さはあまり高くなく地面に近いところに咲いています。

山や道端、草地などで見られますが、高山植物として見られるのはタテヤマウツボグサの方が多いかもしれません。タテヤマウツボグサはウツボグサよりも少し大きいです。長野の八方尾根を歩いたときにタテヤマウツボグサを見たことがあります。

グロリオサ

グロリオサ
グロリオサ

グロリオサの花はウェーブがかったような、うねりのある形です。巻きひげがのびていますが、あまり高くなると近くに巻き付く場所がないので、少し不安定になっています。

去年の球根は、欲しいという方がいらっしゃったので譲ったのですが、その後元気に育ったのか気がかりです。育てるのは、なかなか難しいですからね。芽ぐらいは出ると思いますが…。

カテゴリー

Feed

メタ情報