現在のページの位置: 四季彩花手帳 > 2011年 > 7月

四季彩花手帳

庭の花を中心に、季節ごとに色とりどりの花々を載せていきます。

会津駒ヶ岳

福島県では燧ヶ岳に次ぐ第二の高峰で、新・花の百名山でもあり是非訪れたいと思っていた山です。ハクサンコザクラの群生や湿原の高山植物に会いに(7/23)出掛けてみました。

会津駒ヶ岳

滝沢口から出発して水場→駒ノ小屋→会津駒ヶ岳山頂から中門岳へ足をのばし駒ノ小屋経由で登ってきた登山道を滝沢口へ戻るコースです。

トリアシショウマ
トリアシショウマ(鳥足升麻)
ノリウツギ クロヅル
ノリウツギ(糊空木)/クロヅル(黒蔓)
キソチドリ ツルアリドオシ
キソチドリ(木曽千鳥)/ツルアリドオシ(蔓蟻通)
エゾノヨツバムグラ
エゾノヨツバムグラ(蝦夷四葉葎)
マイヅルソウ マイヅルソウ
マイヅルソウ(舞鶴草)
クマノミズキ イワハゼ
クマノミズキ(熊野水木)/イワハゼ(岩黄櫨)
ギンリョウソウ モミジカラマツ
ギンリョウソウ(銀竜草)/モミジカラマツ(紅葉唐松)
オオバミゾホオズキ ヤグルマソウ
オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)/ヤグルマソウ(矢車草)

まわりの樹木が低くなり見晴らしが良くなりました。

ツマトリソウ
ツマトリソウ(褄取草)
ネバリノギラン オオバユキザサ
ネバリノギラン(粘り芒蘭)/オオバユキザサ(大葉雪笹)
イワカガミ イワカガミ
イワカガミ(岩鏡)
イワイチョウ ミツバオウレン
イワイチョウ(岩銀杏)/ミツバオウレン(三葉黄蓮)
ハクサンボウフウ ゴゼンタチバナ
見晴台周辺、ハクサンボウフウ(白山防風)/ゴゼンタチバナ(御前橘)

湿原に出ました

ガクウラジロヨウラク ベニサラサドウダン
ガクウラジロヨウラク(萼裏白瓔珞)/ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)
チングルマ チングルマ
チングルマ(稚児車)
ハクサンチドリ タカネシュロソウ
ハクサンチドリ(白山千鳥)/タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)
ミズバショウ ウスバスミレ
駒ノ小屋の前にある池糖の脇で一輪見つけたミズバショウ(水芭蕉)とウスバスミレ(薄葉菫)

ハクサンコザクラ(白山小桜)は駒ノ小屋の前にある池糖のそばに多くありました。また山頂への道と中門岳への道の両脇に広がる湿原で群生していました。

ハクサンコザクラ ハクサンコザクラ
ハクサンコザクラ(白山小桜)
ノウゴウイチゴ
ノウゴウイチゴ(能郷苺)
ショウジョウバカマ コバノトンボソウ
ショウジョウバカマ(猩々袴)/コバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)
コバイケイソウ
中門岳周辺、コバイケイソウ(小梅蕙草)

フシグロセンノウ

以前咲いていたフシグロセンノウは消滅してしまいました。一昨年手に入れましたがようやく今年は咲きました。分枝した茎の先に数個の蕾がありますがこれは1番目に咲いた花です。

フシグロセンノウ
節黒仙翁

北八ヶ岳と霧ヶ峰

北八ヶ岳の一峰・天狗岳と霧ヶ峰に(7/16~18)出掛けました。

天狗岳

唐沢鉱泉からシャクナゲ橋→西天狗→東天狗→黒百合平→唐沢鉱泉へ戻るコースで見つけた花達です。

リンネソウ イチヤクソウ
薄暗い樹林の中に可愛い花が、リンネソウとイチヤクソウ(一薬草)の蕾
ゴゼンタチバナ ゴゼンタチバナ
ゴゼンタチバナ(御前橘)は見頃
ハクサンシャクナゲ
第一展望台手前、視界が開けた場所でハクサンシャクナゲ(白山石楠花)が咲いていた
オサバグサ オサバグサ
オサバグサ(筬葉草)は尾瀬国立公園帝釈山に群落があると聞く。機織りの筬(おさ・織物を織る時に糸を通す櫛状のもの)に似ていることからこの名がある
キバナノコマノツメ ツガザクラの種
キバナノコマノツメ(黄花駒爪)/ツガザクラ(栂桜)の種
コケモモ
コケモモ(苔桃)
ミヤマダイコンソウ
岩に張り付くように咲いているミヤマダイコンソウ(深山大根草)
イワツメクサ
岩の蔭にイワツメクサ(岩爪草)
ミヤマゼンコ ミヤマゼンコ
ミヤマゼンコ(深山前胡)

霧ヶ峰

車山肩から→車山湿原→蝶々深山→物見岩→八島湿原(鎌池、八島ヶ池)→御射山ヒュッテ→沢渡→車山肩駐車場へ戻る散策コースです。

車山肩にはニッコウキスゲの里があり、近年ニホンジカによる被害が多くなっているようです。

ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ(日光黄菅)
チダケサシ ハナチダケサシ
チダケサシ(乳茸刺)/ハナチダケサシ(花乳茸刺)
ヨツバヒヨドリ ミツバヒヨドリ
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)/ミツバヒヨドリ(三葉鵯)
ハクサンフウロ ハクサンフウロ
ハクサンフウロ(白山風露)
ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ(日光黄菅)
ウツボグサ イブキトラノオ
ウツボグサ(靫草)/イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
キバナノヤマオダマキ キバナノヤマオダマキ
キバナノヤマオダマキ(黄花の山苧環)
ノアザミ ミネウスユキソウ
ノアザミ(野薊)/ミネウスユキソウ(峰薄雪草)
キバナカワラマツバ コウリンカ
蝶々深山手前の木道、キバナカワラマツバ(黄花河原松葉)とコウリンカ(紅輪花)
ノハナショウブ ノハナショウブ
ノハナショウブ(野花菖蒲)
イケマ カラマツソウ
イケマ(牛皮消)/カラマツソウ(唐松草)
コバイケイソウ
鎌が池周辺のコバイケイソウ(小梅蕙草)
カワラナデシコ クサフジ
八島ヶ原湿原の木道周辺のカワラナデシコ(河原撫子)とクサフジ(草藤)
イブキボウフウ キリンソウ
イブキボウフウ(伊吹防風)とキリンソウ(麒麟草)
バイカウツギ
バイカウツギ(梅花空木)
ヤナギラン
咲き始めのヤナギラン(柳蘭)
シモツケソウ シモツケソウ
シモツケソウ(下野草)
キンバイソウ ヤマホタルブクロ
キンバイソウ(金梅草)/ヤマホタルブクロ(山蛍袋)

八岳(やたけ)の滝

稲子湯の手前にある八岳の滝入口で久し振りに見つけました。

センジュガンピ
センジュガンピ(千手岩菲)

松原湖

松原湖を周回できる散策道があります。

イチヤクソウ イワガラミ
イチヤクソウ(一薬草)/イワガラミ(岩絡み)

スカシユリ

スカシユリは海岸の砂礫地(されきち)や崖などに生育しているので、我が家では鉢植えで育てています。初夏に鮮やかな橙色で、杯状の花を上向きにつけています。

スカシユリ
透百合

秋田駒ヶ岳 可憐な花

秋田駒ヶ岳は素晴しい眺望と、北日本一といわれる数百種の高山植物の宝庫です。春の花が見たくて、雪がほぼとけるのを待って(6/18~19)出掛けてみました。

秋田駒ヶ岳

雪解けとともに顔を出す可憐な花、ヒナザクラはやはり「可愛い」の一言。自生するシラネアオイの群生は今回初めて見ることが出来、感激です。

ミヤマスミレ ショウジョウバカマ
ミヤマスミレ(深山菫)/ショウジョウバカマ(猩々袴)
ハクサンチドリ ミツバオウレン
ハクサンチドリ(白山千鳥)/ミツバオウレン(三葉黄蓮)
ミネザクラ
ミネザクラ(嶺桜)まだサクラが見られるとは…
イワウメ ムラサキヤシオ
イワウメ(岩梅)/ムラサキヤシオ(紫八汐)
オオバキスミレ オオバキスミレ
オオバキスミレ(大葉黄菫)
マイヅルソウ
マイヅルソウ(舞鶴草)
ミヤマカタバミ ミヤマスミレ、ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ(深山片喰)/ミヤマスミレ(深山菫)
エゾイワハタザオ エゾイワハタザオ
エゾイワハタザオ(蝦夷岩旗竿)
ノウゴウイチゴ イワウメ
ノウゴウイチゴ(能郷苺)/イワウメ(岩梅)
ミヤマキンバイ ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ(深山金梅)
コメバツガザクラ
コメバツガザクラ(米葉栂桜)
イワカガミ シロバナイワカガミ
イワカガミ(岩鏡)/シロバナイワカガミ(白花岩鏡)
ミネヤナギ
ミネヤナギ(峰柳)
ヒナザクラ ヒナザクラ
ヒナザクラ(雛桜)は高さ5~13cm程の大きさ
ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ(深山金梅)
チングルマ チングルマ チングルマ
チングルマ(稚児車)
ベニバナイチゴ
ベニバナイチゴ(紅花苺)
ツバメオモト
ツバメオモト(燕万年青)
ミヤマダイコンソウ
ミヤマダイコンソウ(深山大根草)はこれからのよう
シラネアオイ シラネアオイ
シラネアオイ(白根葵)はちょうど見頃

元滝伏流水

にかほ市象潟町にある元滝伏流水は鳥海山の伏流水が岩の隙間から流れ出ている感じです。遊歩道の林の中にフタリシズカ(二人静)が群生していました。

フタリシズカ
フタリシズカ(二人静)

牛渡川

鳥海山の麓、遊佐町箕輪地区に、鳥海山の湧水を源とする牛渡川”が流れています。この清流(湧水100%)に咲いていました。

バイカモ バイカモ
梅の花に似た小さな花、バイカモ(梅花藻)

高瀬峡

遊佐町にある、山道を歩く手頃なハイキングコースです。

コケイラン クルマバツクバネソウ
コケイラン(小蕙蘭)/クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)
ヤグルマソウ ミズタビラコ
ヤグルマソウ(矢車草)/ミズタビラコ(水田平子)

カテゴリー

Feed

メタ情報