現在のページの位置: 四季彩花手帳 > 2007年 > 2月

四季彩花手帳

庭の花を中心に、季節ごとに色とりどりの花々を載せていきます。

世界らん展 2007

世界らん展 2007(2/24~3/4)の蘭です。デンドロビウムやシンビジウム、カトレア、胡蝶蘭などの洋蘭は優雅で華やか、一際、人を惹き付けます。日本春蘭やエビネランには華やかさはありませんが上品さや気高さ、そして可愛らしさが人々を魅了するようですね。

ラン ラン日本大賞花 ラン
日本大賞花や上位入賞株が展示されています

ラン ラン ラン ラン ラン 中国シュンラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン ラン シロバナクマガイソウ ウチョウラン ウチョウラン フウキラン カキラン カトレア

花の御寺 春の訪れ

長谷寺

花の御寺、四季折々の花が境内に彩りを添える長谷寺ですが、今の時期は花が少ないようです。登廊の脇にカンボタンとフクジュソウが咲いていました。傘の中の寒牡丹、どことなく菩薩像を思いおこさせる雰囲気です。

カンボタン 2/12 フクジュソウ 2/12

大野寺

室生寺へ行く途中にある小さなお寺に咲いていたロウバイです。日差しを浴びた花はまさに蝋細工のようです。

ロウバイ 2/12

サボテン

サボテン 銀河 2/03

我が家の3つ目のサボテンです。お花屋さんのサボテンコーナーには大小様々なサボテンがありましたが、丸くてチクチクしていてなぜか可愛かったのでついつい買ってしまいました。丁度これからの蕾が幾つかありそれが咲き始めました。

キンセンカ

先日房総へ出掛けた時の花で、橙色の八重咲きの花です。暖地の花畑では冬でも花が見られる早春咲きの代表のようです。切り花は家に帰ってからでも楽しめるので良いですね。

キンセンカ 2/03 キンセンカ 2/03

一足早い春の花 南房総

今年は例年よりも早く満開になり始めた南房総へ出掛けました。太海フラワーセンターやお花畑の花たちです。一足早い春の花を眺め、花摘みを楽しむのも良いものです。

バラ白 1/31 バラ赤 1/31 ブーゲンビリア 1/31

清楚と艶やか、対照的なバラです。ブーゲンビリアは花びらのように見えるのは萼で3個の萼が集まって一つの花のように見えます。それぞれの萼の葉脈に非常に小さな花が付いています。

ハイビスカス オレンジ 1/31 ハイビスカス 黄 1/31 ハイビスカス 赤 1/31
色が鮮やかでエキゾチック

サボテン ハクギョクト 1/31
とても小さな花、でもトゲは立派!

キンギョソウ 1/31 スターチス 1/31 スターチス 1/31

キンギョソウは金魚に似た形の花が穂状に付いています。スターチスは濃紫色や赤紫色に見えているのは萼でその萼の間から白色の小さな花が見えます。濃紫色や赤紫色と白色とのコントラストが綺麗です。ドライフラワーのスターチスをよく見かけます。

ノースポール 1/31 ポピー オレンジ 1/31 ポピー 花畑 1/31 ストック ピンク 1/31 菜の花 1/31

一面に咲いた花は絨毯のようです。まさに春を感じますね!

カテゴリー

Feed

メタ情報