現在のページの位置: 四季彩花手帳 > 2013年 > 4月

四季彩花手帳

庭の花を中心に、季節ごとに色とりどりの花々を載せていきます。

クレマチス

クレマチスをテッセンと呼ぶことが多いですが本来は中国原産種に限られるようです。多年草の蔓植物で、修景用の蔓植物として人気が高く「蔓植物の女王」と呼ばれているようです。種類も多く色も豊富で、豪華なイメージが人気なのかもしれません。

クレマチス
鮮やかな紫色の花

ミヤマヨメナ

白色と紫色の花があります。白色の株は元気が良く増えますが、紫色の株はあまり増えません。

ミヤコワスレ
ミヤコワスレ(都忘れ)

ヒメウツギ

毎年咲く可愛い花ですがとても丈夫です。グランドカバーやねじめとして植えるのにちょうど良い花です。

ヒメウツギ
ヒメウツギ(姫空木)

エビネ

頂いたエビネ(海老根)ですが今年は3種類咲きました。少しずつ増えてくれるといいのですが難しいですね。

エビネ エビネ エビネ
ジエビネ、ヤブエビネと呼ばれる

満開の桃と桜 春を告げる花

山梨は桃と桜が見られるというので(4月13~14日)出掛けてみました。韮崎市にある新府桃源郷から始まり北杜市の桜、白馬村や新潟で見つけた春一番の花などでです。

満開の桃と桜

新府桃源郷
新府桃源郷、満開のモモ
真原桜並木
真原桜並木、サクラとラッパズイセン
三代校舎ふれあいの里
三代校舎ふれあいの里に咲くソメイヨシノ(染井吉野)

白馬村

ミズバショウ
大出公園、雪解け水の中にミズバショウ
キクザキイチゲ キクザキイチゲ
白馬村に春を告げる花が咲き始める
キクザキイチゲ
純喫茶「カミニート」周辺のキクザキイチゲ(菊咲一華)

長者温泉

ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ(深山片喰、深山傍食)
ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ(猩々袴)
スミレ
ハート形の葉と淡紫の小さな花
キクザキイチゲ
淡紫色のキクザキイチゲ(菊咲一華)

神道山公園

カタクリ 神道山頂上
神道山はカタクリの群生地として有名

国上山

キクザキイチゲ キクザキイチゲ
キクザキイチゲが彼方此方で咲いている
オオミスミソウ
ユキワリソウ(オオミスミソウ)
オオミスミソウ オオミスミソウ
木立の中でそっと咲くユキワリソウ(オオミスミソウ)

ツバキ

知人から頂いた実生のツバキで、ずいぶん遅い時期(4月)に初めて咲きました。白色で品のある感じで茶席にとても似合いそうです。

ツバキ ツバキ
白色で品のある感じ

ホタルカズラ

2010年春、ロックガーデンに植えたホタルカズラは、茎や葉にザラつく毛があり鮮やかな瑠璃色(ラピスラズリ)の花です。和名は草の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様子をホタルに例えたようです。

ホタルカズラ
ホタルカズラ(螢蔓)

ベニバナナンザンスミレ

秋に狂い咲きしたベニバナナンザンスミレがまた咲きました。買い求めた株は消滅してしまったのですが、庭の彼方此方で実生の株を見かけるようになり「増えてくれるといいな」と思います。

ベニバナナンザンスミレ
ベニバナナンザンスミレ(紅花南山菫)

ズダヤクシュ

花茎の高さは20cm位、総状(そうじょう)花序の小さな花が咲きました。変わった名前だが一度覚えると記憶に残り覚えやすい。

ズダヤクシュ ズダヤクシュ
ズダヤクシュ(喘息薬種)

スミレ

スミレは庭の彼方此方に実生で増えています。思いがけないところから芽を出し可愛い紫色の花が咲いています。

スミレ スミレ
紫色の花
タチツボスミレ
タチツボスミレ(立坪菫)は淡紫色

カテゴリー

Feed

メタ情報