現在のページの位置: 四季彩花手帳 >

四季彩花手帳

庭の花を中心に、季節ごとに色とりどりの花々を載せていきます。

ネジバナ

小さな花が花茎の周りに螺旋状に並んで咲いています。右巻きと左巻きがあるようですが我が家では右巻きのようです。実生の苗が庭で見つかる事もあります。去年沢山咲いていた造成地は…?そのままの状態ですが雑草が茂りネジバナは見つかりませんでした。

ネジバナ
ネジバナ(捩花)ラン科・ネジバナ属

シラン

半日陰から日向まで適応するので育てやすく増える花です。華やかさがある花なので切り花としてとても重宝します。

シロバナシラン シラン
シロバナシラン(白花紫蘭)とシラン(紫蘭)

エビネ

頂いたエビネ(海老根)ですが今年は3種類咲きました。少しずつ増えてくれるといいのですが難しいですね。

エビネ エビネ エビネ
ジエビネ、ヤブエビネと呼ばれる

ネジバナ

造成した区画分譲地で雑草の中に混じっていたのを見つけたネジバナ(捩花)です。家が建ち始めたら無くなってしまうでしょうね。よく見ると螺旋状に花がつきなんとも可愛い花です。以前は彼方此方で見かけましたが最近はあまり見かけなくなったように思います。

カトレアのような花

シラン

クチベニシランの淡い赤みがわずかで写真では殆どわかりません。

シロバナシラン シロバナシラン
シロバナシラン(白花紫蘭)
クチベニシラン クチベニシラン
クチベニシラン(口紅紫蘭)
シラン シラン
シラン(紫蘭)

コケイラン

全体にエビネをスリムにした感じで可憐な花です。30cm位の被針形の葉が2枚、花序に多数の小さな花をつけ白色の部分が唇弁で先端に斑点があり、花被片は黄褐色をしています。

コケイラン
別名・ササエビネ

エビネ

去年は咲かなかったエビネですが今年はなんとか…しかし花の数も少なくチョット心配ですね。

エビネ
エビネ(海老根)

オンシジュウムとデンドロビウム

花の少ない頃、奇麗に咲いているのを見るとついつい買ってしまう蘭の鉢植え、家の中が明るくなりました。細長い茎に1cmほどの黄色い蝶のような形をした花が群れるようにたくさん咲いています。スターダスト・フェアリーⅡ(星屑の妖精)と言う名前がついていました。

オンシジュウム・オブリザタム オンシジュウム・オブリザタム
オンシジュウム・オブリザタム

白い花の芯にちょっぴりグリーンが入った可愛い花です。グリーン 愛の名前があります。

デンドロビウム デンドロビウム
デンドロビウム・エンジェル ベイビー

信濃大町

里山から北アルプスを眺めながらの軽い散策です。

鷹狩山

鷹狩山山頂付近には小さな植物園があり可愛い花が咲いています。

バイカイカリソウ イカリソウ
バイカイカリソウ(梅花碇草)とイカリソウ(碇草)
ヒメシャガ オトコヨウゾメ
ヒメシャガ(姫射干)は花の径2cm程の淡い青紫色です

アルプスあづみの公園(大町・松川地区)

森が広がる公園では、様々な草花や樹林を楽しみながら散策することが出来ます。高原・高山植物を気軽にみられる「あづみの苑地」は結構楽しめます。

ササバギンラン タニウツギ
入口付近で出迎えてくれる花
ヤマツツジ
赤松林の中に咲くヤマツツジ(山躑躅)
カキツバタ
小さなせせらぎに咲くカキツバタ(杜若)
イワギキョウ コマクサ
「あづみの苑地」ではもうイワギキョウ(岩桔梗)とコマクサ(駒草)が咲いています
カワラナデシコ シナノナデシコ
カワラナデシコ(河原撫子)とシナノナデシコ(信濃撫子)
クモマグサ
クモマグサ(雲間草)
ニッコウキスゲ

旧国鉄廃線敷き

沿線沿いに植えられた欅は新緑の季節、その中で一際目をひくハリエンジュの白い花が満開でした。

ハリエンジュ
ハリエンジュ(針槐)はニセアカシアと呼ばれている
オドリコソウ
オドリコソウ(踊子草)は花のつき方が、笠をかぶった踊り子の姿に似ているという

デンドロビウム

「最も育てやすい洋ラン」といわれるデンドロビウムですが…なかなか花芽が付きませんでした。2006年3月以来、久し振りに咲きました。

デンドロビウム
スプリングドリーム「クミコ」

カテゴリー

Feed

メタ情報