現在のページの位置: 四季彩花手帳 > 日々の記録 > 草花 > 鬼怒沼周辺ハイキング

四季彩花手帳

鬼怒沼周辺ハイキング

女夫渕温泉から奥鬼怒温泉郷を経て鬼怒沼までの自然歩道を歩きました。女夫渕温泉から奥鬼怒温泉郷までの遊歩道は渓流沿いで、花も豊富です。奥鬼怒温泉郷を過ぎると、鬼怒沼に近づくにつれクマザサが多くなり、花はそれほどありません。鬼怒沼は高層湿原で尾瀬沼や大清水とを結ぶ登山道もあります。そのわりには人も少なく、静かな湿原でした。

女夫渕温泉から奥鬼怒温泉郷への道

川を渡り、しばらくは左側が鬼怒川源流で、右側が岸壁になっている場所を歩きます。木々が鬱そうと生い茂り、昼間でも薄暗い道ですが、所々で花を咲かせている植物も多いです。

ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ。秋、ヒヨドリの鳴く頃に咲くそうです。
ゴマナ イタドリ ミヤマヨメナ
ゴマナ、イタドリ、ミヤマヨメナ
キオン ヤマハッカ
キオン、ヤマハッカ
アキノキリンソウ アキノキリンソウ
アキノキリンソウ
テンニンソウ テンニンソウ
テンニンソウ。群生していました。
キツリフネ キツリフネ(白花)
キツリフネ
アレチマツヨイグサ アレチマツヨイグサ
アレチマツヨイグサ
ホツツジ ヤブジラミ エゾアジサイ
ホツツジ、ヤブジラミ、エゾアジサイ

奥鬼怒温泉郷から鬼怒沼

奥鬼怒自然歩道と奥鬼怒スーパー林道が交差する辺りが奥鬼怒温泉郷で、加仁湯や八丁湯があります。奥鬼怒温泉郷を過ぎると見られる花の数が少しずつ減っていき、次第にクマザサなどが増えてきます。

コオニユリ カニコウモリ ソバナ オオカニコウモリ
コオニユリは八丁湯の前に咲いていました。その他、カニコウモリ、ソバナ、オオカニコウモリ
ミゾソバ ミゾソバ
ミゾソバ
ヤマハハコ サワヒヨドリ サワギク
ヤマハハコ、サワヒヨドリ、サワギク
ミヤマセンキュウ ツルリンドウ オオカメノキ
ミヤマセンキュウ、ツルリンドウ、オオカメノキ

鬼怒沼に到着

鬼怒沼は尾瀬沼よりも高く、泥炭が多量に蓄積された高層湿原です。現在の鬼怒沼全体は草やコケ類に覆われていますが、1970年代には裸地化が進んでしまい、今なお植生復元中です。山の上に位置する湿原は貧栄養なので、復元にも時間がかかるのです。植生復元の話は鬼怒沼湿原物語にわかりやすくまとめられています。

イワショウブ イワショウブ イワショウブ イワショウブ(種子)
イワショウブ
キンコウカ タテヤマリンドウ ヒメシャクナゲ
キンコウカ、タテヤマリンドウ、ヒメシャクナゲ

カテゴリー

Feed

メタ情報