現在のページの位置: 四季彩花手帳 >

四季彩花手帳

庭の花を中心に、季節ごとに色とりどりの花々を載せていきます。

シャクヤク

蕾もだいぶ大きくなり「そろそろかな」と楽しみにしていると雨が降り、奇麗に咲かなくなってしまうことが多々ありました。今回は…切り花にして部屋に飾りました。

シャクヤク シャクヤク
シャクヤク(芍薬)

シャクヤク

今年はいつになく奇麗に咲きました。毎年蕾は出来るのですが虫に食べられてしまい花びらがよく開かなかったり、咲き始めの頃に雨に遭い茶色くなってしまったりとなかなか奇麗に咲きませんでした。

シャクヤク シャクヤク シャクヤク
撮影した後は切り花として花瓶に飾っておきました

シャクヤク

ボタンとシャクヤクはよく似ています。ボタンは木ですがシャクヤクは多年草で、花は小ぶりですが豪華さがあります。

シャクヤク

シャクヤク

シャクヤク
シャクヤク

シャクヤクの花が咲きました。今年は雨に打たれずにすみましたので、花に傷みもなく綺麗です。

シャクヤク シャクヤク
開く前
シャクヤク
陽の光を浴びるシャクヤク

シャクヤク

シャクヤク シャクヤク シャクヤク

シャクヤク(芍薬)は毎年、蕾は出来るのですがなかなか綺麗に咲きませんでした。今回も丁度咲き始めた時に台風が来て(19日夕方から20日の午前中にかけて)強い風が吹き、花が傷んでしまいましたがなんとか開きました。

フラワーフェスティバル 昭和記念公園

様々な花が咲き誇り、見る人の目を楽しませてくれる場所、昭和記念公園の花達です。

カルフォルニアポピー カルフォルニアポピー アイスランドポピー アイスランドポピー
一面に広がる、黄色や橙色の絨毯

カスミソウ(霞草)は花束の添え花として使われてるのをよく見かけます。とても小さな花ですが一面に咲くと、霞がかかりモヤモヤとして遠くが霞んでいる様子に似ています。

カスミソウ アネモネ
アネモネはとても鮮やか!

日本庭園の中にある花、ボタン(牡丹)は丁度見頃、その根元にあった高さ20~30cm程のヤマブキソウ(山吹草)はヤマブキに似ている事により、黄色で径30~40mm程の4弁花です。シャクナゲ(石楠花)はとても豪華な花ですが、周りの緑に囲まれ良くマッチしています。

ボタン「千代椿」 ボタン「白王獅子」 ヤマブキソウ シャクナゲ カマツカ カマツカ

ネモフィラ ネモフィラ マクラータ
丘一面に咲くネモフィラ

フジ(藤)は長さ12~20mm程の紫色で蝶形をした花で、垂れ下がるように基部の方から咲き始めます。隣の棚には八重の藤がありました。

ヤブデマリ ヤブデマリ フジ

花ファンタジア 清水公園

4月から5月、この時期は次々と花が咲き始め、あちこちからの花便りが届きます。先ずは清水公園へ出掛けましたが、丁度見頃の時期に行くのはなかなか大変な事ですね。

フジ フジ アヤメ アヤメ

ツツジ園には樹齢300年以上の「ヤエキリシマ」の古木があるという事です。今回は、満開の時期は終わっていましたが、100品種2万株のツツジが一斉に咲き誇る様は見事、いや圧巻でしょうね!

ツツジ ツツジ ツツジ ツツジ
幻想的です

花ファンタジア

ちょうど見頃、いろいろな種類の牡丹があり結構見応えがあります。幾つかの名前は覚えましたが「これから少しずつ覚えていきたいな」と思っています。

ボタン ボタン ボタン「楊貴妃」 ボタン ボタン 「ハイヌーン」 ボタン ボタン ボタン「八千代椿」 ボタン「島錦」
いろいろな種類のボタン

シャクヤク(芍薬)の花は、ボタン(牡丹)によく似ています。一番の違いは、牡丹は「木」で芍薬は「草」です。また漢方薬として利用されています。

シャクヤク 糸葉シャクヤク シャクヤク
あと何日かで見頃となります

最近人気のクリスマスローズですが、可憐な花が咲き、期間も長く結構楽しめる花です。そんなところも人気の一つかもしれませんね!

クリスマスローズ アマドコロ アマドコロ
群生して咲くと、どちらも見事です

ヤグルマギク 青 ヤグルマギク 赤 ブルビネラ マツムシソウ スイレン

花の御寺 春の訪れ

長谷寺

花の御寺、四季折々の花が境内に彩りを添える長谷寺ですが、今の時期は花が少ないようです。登廊の脇にカンボタンとフクジュソウが咲いていました。傘の中の寒牡丹、どことなく菩薩像を思いおこさせる雰囲気です。

カンボタン 2/12 フクジュソウ 2/12

大野寺

室生寺へ行く途中にある小さなお寺に咲いていたロウバイです。日差しを浴びた花はまさに蝋細工のようです。

ロウバイ 2/12

鎌倉 スイセンとカンボタン

瑞泉寺

スイセン 1/10 ツバキ 1/10 ミツマタ 1/10 ウメ 1/10 ナンテンの実 1/10

スイセンの名所としてよく知られている瑞泉寺ですから、山門を潜るとスイセンのほのかな香りと共に庭のあちこちでちょうど見頃でした。のんびり露地を歩くと葉の陰でひっそりと咲くツバキ、少し堅めのミツマタの蕾などがありました。春を待ちわびるようにちらっと開き始めたウメの花を眺めるのはとても気持ちの和らぐ一時ですね。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

わら囲いの中のボタン 1/10 ボタン「島錦」 1/10 和傘をさしたボタン 1/10 わら囲いの中のボタン 1/10 ボタン 1/10

花の彩りが少ない冬に、色とりどりの大輪の花を付けた牡丹はひときわ艶やかで凛とした花姿です。雪よけのわら囲いや和傘をさしている様子はなかなか風情があり目を楽しませてくれます。このわら囲いは、牡丹にとって大敵である霜が、放射冷却により降りるのを防ぐ為のようです。

プリムラ・メラコイデス、ボタン

プリムラ・メラコイデスの花 4/22 ボタンの花 4/22

プランターに植えた桜草が牡丹に負けない位、満開に咲きました。でも牡丹の花は大きくて見事。

カテゴリー

Feed

メタ情報